8月, 2019年

8月20日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

2019-08-20

「毎日の食事を大切に」

 

現在はコンビニや、外食できる場所が

たくさんあります。

手軽ですし、時間のないときには大変助かります。

しかし、いくら手軽だからと

こどもの食事として、日常的に利用するのは

あまりお勧めできません。

 

コンビニや外食は、添加物が多く含まれていますし

味付けも濃いため、塩分、糖分過多になりがちです。

また、「好きなものだけ」を選んでしまい

栄養が偏ってしまったり、「固い物」を食べる機会が減ってしまうので

咀嚼力が弱くなっていきます。

 

これらを続けると、こどもの成長に様々な

影響を及ぼします。

栄養の偏りによって、身体的な発達の遅延、

脳の発育、精神の不安定さ、などを

招く恐れもあります。

 

必要に応じて「外食」を利用しつつ、

基本は、栄養のバランスのとれた食事を

ご自宅でいただくようにしたいですね。

 

毎日、毎日の食事で

私たちの体は作られています。

「未来のこどもの健康」=「これからの毎日の食事」なのです。

 

本日の運動あそびの様子です。

 

AM児発

 

 

PM児発

 

 

放デイ

 

 

 

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月19日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-19

    お子さんは、本が好きですか?

    まだ、小さい子は絵本の読み聞かせなどに

    興味を示していますか?

     

    本は情緒を育むのにとても良いとされています。

    しかし、

    「まったく興味を示さない」

    「読み聞かせようとしても、すぐ

    どこかへいってしまう」など

    本に興味をもってもらうにもどうしたら

    よいかわからないという声もあります。

     

    まずは、お子さんの興味をもちそうなもの

    (車、電車、動物など)が題材になった本、

    絵本なら、絵や、色彩がはっきりしていて、

    ページ数の少ないものがお勧めです。

     

    また、「本」を日常的によく使う部屋に

    置いておきましょう。

    主に、リビング、子ども部屋、トイレなど

    よく目のつくところが良いでしょう。

     

    もう一つ、できれば、おうちの方が

    本を読む姿をこどもに見せましょう。

    「本を読む」ことが

    「家族の日常」になると

    こどもも自然と身についていきます。

     

    おうちの方が、スマホ。テレビばかりみて

    いくらこどもに「本はおもしろいよ」といっても

    それは、なかなか理解してくれませんよね。

     

    また、おうちの方が優しい声で

    優しい笑顔で本を読み聞かせてくれるのは

    こどもにとって、とても幸せな時間です。

     

    少しの時間でよいので、習慣にしていきたいですね。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児発

     

     

    PM児発

     

     

    放デイ

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月17日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-17

    今日は、記録的な暑さの一日でしたね。

    日中の屋外で過ごすのは、熱中症などの

    危険を感じるほどでした。

     

    本日は、運動療育を行い、

    午後は、柏市の県民プラザの

    「さわやか鉄道乗車会」へ行ってきました。

    この暑さのせいか、人もまばらで

    長い時間待つ事なく乗ることができました。

     

    屋内で開催されていたので

    涼しく快適でした。

     

    まだまだ暑い日が続きそうですが

    水分補給はこまめに行い

    日中の外出にも、十分気を付けて

    残りの夏休みを過ごしてくださいね。

     

    本日の初石教室の運動療育と

    県民プラザの乗車会の様子です。

     

    AM

     

     

    PM(柏市県民プラザ)

     

     

    PM

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月16日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-16

    夏休みも早いもので、残り二週間ほどと

    なりました。

    小学生のおともだちは、宿題は済んでいるでしょうか。

     

    初石教室は、今日から

    通常通り療育を行っています。

     

    教室に通う子の中には

    感情のコントロールが苦手な子がいます。

    特に「怒り」の感情はなかなか切り替えられず

    様々な活動に影響を及ぼしてしまいます。

    カッとなって感情が高ぶっている時に

    いくら「正しい対処法」を言葉でつたえても

    届きません。

    一度、落ち着かせて冷静になるのを待ちましょう。

    全く関係のないものに、意識をそらせたり、

    場所をかえるなどはとても、有効です。

     

    冷静になったところで

    「本当はどうしたかったのか」

    「どうすれば、良かったとおもうか」

    本人に考えさせるようにゆっくりとした

    口調ではなしをしましょう。

     

    そして、アドバイスをするときには具体的に

    伝えましょう。

    「タオルがなくなった」という理由があったならば

    「鞄のこのポケットに必ずしまう」

    「二段目の棚の引出しに、おいておく」などです。

    「ちゃんとしまいなさい」

    「わかるところにおきなさい」は

    曖昧で、こどもには理解できない子もいます。

     

    感情はコントロールできるものですので

    少しずつ、「こうすれば上手くいく」を

    積み重ねていきたいですね。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児発

     

     

    PM児発

     

     

    放デイ

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月10日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-10

    来週は、初石教室も

    12日から15日までお盆休みとなります。

     

    このお盆休み期間は

    帰省されたり、お墓参りに行ったりして

    過ごされるご家庭が、多いかと思います。

     

    発達に凸凹のある子は

    個性が強かったり、エネルギーあふれる子が多く

    周囲の大人は、毎日へとへとになるほどですが

    この世に生まれてきてくれたこと、

    元気に育ってくれていること

    笑顔がみられることを、

    あらためて、このお盆に、ご先祖様に感謝したいものです。

     

    育児は「育自」ともいわれます。

    親は子育てさせてもらって、自分を成長させてもらっています。

    発達凸凹の子を育てていると、どうしても

    周囲に迷惑をかけてしまう場面もあり、

    「ごめんなさい」「すみません」「ご迷惑おかけします」など

    謝ることも多々あります。(私も、経験あります)

    自分が、親になる前は

    そんなに他人に「迷惑を無意識にかけてしまう」ことは

    ありません。

    迷惑をかけないように注意できるからです。

     

    しかしこどもは、自分の思うように

    行動してくれません笑

    こんな風に、こどものために「謝る」ことも

    親になってみてはじめて経験することですね。

    そして、周りの助けを借りながら

    こどもが育つことを知り「感謝」を

    深く知ることができます。

     

    今、私たちがあるのも

    笑ったり、泣いたり、怒ったりできるのも

    ご先祖様の存在があるからです。

     

    お子さんとも、一緒に

    「お盆」のお話をしながら

    ご先祖さまに感謝する気持ちを伝えて

    いきたいですね。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM

     

     

    PM

     

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月9日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-09

    初石教室の療育

     

    初石教室には現在、

    2歳から小学校5年生までの

    こどもたちが通所しています。

    未就園児は午前中、未就学児は

    午後のお昼過ぎより、

    小学生は、15時半から運動療育を

    毎日行っています。

     

    運動療育は、登所する子に合わせ

    毎回、内容をプログラムしています。

    スタッフも20代から、50代まで

    経験豊富なスタッフが常に子どもたちの

    様子をそばで見守り、療育中

    自由時間、身支度などを一緒に行います。

     

    運動療育は、約一時間で

    こどもたちが集中できるよう

    テンポよく進めていきます。

    年齢や特性に合わせ

    複雑な動き、記憶、協調運動などを

    様々なかたちで組み込み

    こどもたちが「楽しめる」内容で

    おこなっています。

     

    通いだして一年経つ子は

    はじめは、平均台は何度も落ちてしまったり

    鉄棒、跳び箱にも恐怖心がありましたが

    いまでは、バランス感覚もよくなり

    鉄棒も軽々とまわり、

    跳び箱も数段を勢いよく跳び越えることができるまでに

    なりました。

    また、集中力、切り替えなどもできるようになりました。

     

    全く座れなかった子も、

    運動中に背筋をのばしてすわることもできるようになりました。

     

    また、初石教室では

    見学、体験、ご相談は

    随時受け付けております。

    ご心配なことがあればいつでも

    ご連絡ください。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児童発達支援

     

     

    PM児童発達支援

     

     

    放課後等デイサービス

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月7日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-07

    発達凸凹の子との、家族の過ごし方について

     

    発達に凸凹のある子の兄弟、親子間のコミュニケーション

    は、大変な部分が多くあります。

    こだわりが強かったり、我慢ができない、

    待てない、癇癪、パニックを起こすなど

    それらを、回避しようと兄弟が我慢を強いられたり

    行きたいところに行けなかったり、予定通り

    ものごとが進まず、そんなことが続くと、どうしても

    イライラ、してしまうものです。

     

    この子がいるからなにをするのも

    一苦労だ、とネガティブな思考になりがちですが

    大変でも成るべく家族一緒に

    様々な体験をしてほしいと思います。

    特に、家族の行事、学校、幼稚園の行事など

    家族で参加しましょう。

    おうちの方、兄弟の、お家とは違う表情を

    見る事は、その子の社会性を育むのに

    とても大切なことです。

     

    「お家では、こうしていいけど、

    外ではダメなんだ」という場面も

    その子が身を以て感じることができます。

    何度も何度をそういった場面を経験することで

    成長とともに、「場にふさわしい行動」を

    身につけていくことに繋がっていきます。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    放課後等デイサービス

     

     

    PM児童発達支援

     

     

    AM児童発達支援

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月6日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-06

    「療育教室ついて」

     

    昨今、様々な療育の教室が

    いたるところの開設されています。

    どこの教室が、自分の子にとって

    良いのか判断も難しいところです。

     

    教室によって療育内容は大きく違います。

    どの様な視点で判断するかは、みなさん様々ですが

    必ず、お子さんを連れて見学、体験をおすすめします。

     

    まず、教室の場所や、送迎の有無などあらかじめ

    調べられることはまとめておきましょう。

    その時点で、不明なことがでてきたら、

    見学の際、直接確認しましょう。

     

    そして一番、大切なことは

    他のお子さんが、通所し療育中に

    見学、体験をしてください。

    それは、通っている子どもの様子を

    知ることができるだけでなく、

    スタッフの対応、自分の子の反応、

    などが、肌でかんじることが

    できるからです。

     

    療育は、決して万能の治療薬ではありません。

    「療育」をしている者、もされる側も同じ「人間」です。

    ここに通いたい、通わせたいという気持ちが

    なにより大切なのです。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児童発達支援

     

     

    PM児童発達支援

     

     

    放課後等デイサービス

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月5日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-05

    子どもと一緒に成長していく

     

    子育てをしているとき

    上手くいかないことがあったりすると

    「わたしって、ダメな母親かも」と

    落ち込んでしまうこともあります。

     

    しかし、子育ては「親」になって

    初めてするものです。

    大家族で育った方なら、多少の経験があるかも

    しれませんが、多くの方が「自分の子」が

    初めての「子育て」のはずです。

     

    初めてなのだから、失敗もするし

    間違えること、上手くいかないことなんて

    あって、当たり前なのです。

    しかし、周囲の人のことばや、家族から

    理解が得られなっかたりすると

    自信を失ってしまうというのもよくわかります。

     

    自分が、子どものころを

    良く思い出してみましょう。

    完璧なお母さんを求めていましたか?

    失敗しない、いつも間違えないお母さんが

    恋しいと感じていましたか?

     

    違いますね笑

     

    こどもにとって、最高のお母さんは

    「笑顔」のお母さんです。

    怒ってしまっても、泣いてしまっても、

    最後には、とびきりの笑顔をお子さんにみせて

    あげてください。

     

    おかあさんが、笑顔なら

    こどもは「自信」をもって

    生き生きと過ごすことができます。

     

    こどもと一緒にお母さんも、成長していけばいいのです。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児童発達支援

     

     

    PM児童発達支援

     

     

    放課後等デイサービス

     

     

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 8月3日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-08-03

    「怒り」の感情と上手く付き合うために

     

    子育て中は、

    「怒る」ことがしばしばあります。

    また、「怒る」までいかなくとも

    「怒りの感情」が湧いてくることは

    日常茶飯事ではないでしょうか。

     

    発達凸凹の子を育てていると

    「周りの迷惑になる」

    「この子のために厳しく」というおもいから

    声を荒げてしかってしまうこともあります。

     

    怒ったらダメ!ではなく

    予防と、怒りの感情の発散が大切です。

     

    こどもと出かける前には

    ルール確認をする

    気をそらす絵本、カードなどの準備など

    「出先で、〇〇になったら」を想定し

    その際、役立ちそうなアイテムを

    持参するなどの工夫をしてみましょう。

     

    また、お母さんの「怒り」の発散も

    大切です。

    こころに余裕をもつことで

    落ち着いて対処できるようになり

    感情的になることも回避できます。

     

    「最善」ではなくとも

    「いい塩梅」をこころがけると

    無理なく、ゆったり子育てに

    近付けるのではないでしょうか。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM

     

     

    PM

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • « Older Entries Newer Entries »

    見学会・イベントのご案内

    予約状況
キャンセル待ち

    療育プログラムの紹介

    見学会・イベントのご案内

    職員のご紹介

    アンケート

    お問い合わせ

    こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

    運営会社について

    職員の募集

    ▲page top