10月, 2019年

10月31日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

2019-10-31

今日は、ハロウィンですね☆

今朝、そんなことはすっかり頭になかった

わたしたちスタッフのもとに

仮装した教室のお友だちがはいってきて

おどろきました!

とってもかわいらしく、写真をパチリ☆

 

 

ブドウに変身したおともだち、とてもかわいかったです。

 

「ハッピーハロウィン!」

「トリック、ア、トリート!」と

みな、くちぐちに挨拶してくれました。

 

とても発音しにくい言葉が

頭にしっかりはいっているのはすごいですね。

 

「楽しい」はそれだけ

人の記憶に残るということなのでしょう。

 

むかし、クリスマスソングを家族で英語で

歌った記憶がありますが、

英語の勉強をしたわけでもないのに

学生時代も、英語が得意でもなかったけれど

しっかりと、頭の中に歌詞が記憶されています。

 

楽しい記憶はそれだけ、無意識に

脳が活性化され、集中力、記憶力が

アップされていくのだとおもいます。

 

 

本日の運動あそびの様子です。

 

AM児発

 

 

PM児発

 

 

放デイ

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月30日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-30

    わたしたち大人は、こどもたちと一緒に

    過ごす毎日は大変ですが

    それ以上に笑顔、元気、をもらっています。

     

    また、困難な中にも、

    とても大切な「気づき」を与えてくれます。

    こどもと出会わなければ、知ることなかった

    喜び、痛み、苦しみ、楽しさ、悲しさ、勇気、

    すべてが宝物といえるでしょう。

     

    こどもの成長は楽しみであり、わたしたち親の

    生きる力にもなりますが、

    それ以上に、日々の何気ない

    こどもとの日常を大切にしていきましょう。

     

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児発

     

     

    PM児発

     

     

    放デイ

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月29日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-29

    こどもにとって、

    上手くいかないことや、嫌な事を我慢することは

    難しいものです。

     

    大人になれば、嫌な事もやらなければならないと

    理解できますが、小さいうちは

    それを言葉で伝えてもなかなか理解できません。

     

    初石教室に通う子にも

    嫌な事、上手くいかないことに直面すると

    癇癪を起したり、手を出したり、物あたったりする

    場面がみられます。

     

    そういった場合

    怒らずに「言葉で伝える」ように促します。

    「いやだった」

    「もっと遊びたかった」

    「上手にできなくて悲しくなった」など

    大声で叫んだりせずとも

    伝わる方法があることを教えていきます。

     

    まだ、上手く言葉にできない子の場合は

    大人が

    代弁して、「感情」を「具現化」することで

    「理解してもらえた」と気持ちが落ち着いていきます。

     

    この繰り返しによって、

    徐々に気持ちをコントロールし

    「言葉」で伝える力がついていきます。

     

    「怒らなくても大丈夫」

    叩かなくても、自分を理解してもらえる手段が

    あることを知ると

    必ずこどもの行動は変わっていきます。

     

    本日も元気に運動あそびをおこなっています。

     

    午前中の運動のみ、アップしています。

    (午後、放デイはまた、明日アップさせて

    いただきます。ごめんなさい。)

     

    AM児発

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月28日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-28

    初石教室の運動療育では

    楽しく運動あそびをおこないながら、

    「静」と「動」の切り替えを

    身につけて行くように取り組んでいます。

     

    発達障害の子の中には

    「じっとしていられない」

    「静かにはなしを聞けない」

    「常に動き回っている」など

    多動傾向のある子も多く通所しています。

     

    運動療育中は、自分の番が来るまで

    座って待ちます。

    初石教室の療育では、

    はじめはまったく座れなかった子も

    療育を重ねると必ず座って待つことができるようになります。

     

    こどもたちが楽しみにしている運動あそびは

    みんなの「興味」を引き付ける内容になっており

    それをやりたいから、しっかり座ることが

    きっかけとなり習慣化していくことができます。

     

    また、初石教室では

    「きちんと座れる子がかっこいい!」が

    こどもたちの意識に根付いているので

    みな「姿勢よく」すわれるようになっていくのです。

     

    「静」と「動」のめりはりがついてくると

    こどもたちの集中する力がグっとあがります。

    集中することで

    いままで、できなかったことが、できるようになったり

    難しいと感じることにも、チャレンジしようとする

    意欲にもつながって行きます。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児発

     

     

    PM児発

     

     

    放デイ

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月26日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-26

    今日はハロウィンイベントを行いました。

    みな、思い思いの仮装をして

    「トリック、ア、トリート!」でお菓子を

    たくさんもらい、大喜びでした。

     

    午前中は、普段通り身支度をしたあと

    基礎運動をおこないました。

     

    身体を動かしたあとは

    「かぼちゃさがし☆」

    「ミイラのぐるぐる巻き!」

    「お菓子の叩き割りゲーム★」

    みんなで、考え、協力し、力いっぱいがんばりました!

     

    お弁当をたべたあとは、

    みんな仮装して、記念撮影☆

    みんな、とても可愛く大変身!

     

    午後は、様々なゲームをみんなで楽しみました。

    「絵合わせ」

    「かぼちゃの福笑い」

    「お菓子の掴みどり」

    「ボーリング」

    「おばけの的あて」

    合言葉は「トリック、ア、トリート!」

     

    皆でルールを守り、話し合い、協力して

    楽しいハロウィンイベントとなりました。

    こどもたちのよい思い出となり

    豊かな経験のひとつになったとおもいます。

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月25日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-25

     

    今日の運動あそびです。

    AM

    ◎カメコースター → 跳び箱ジャンプ → 平均台

      

      

     

    PM

    ◎ウシガエル → 跳び箱 → 山登り

      

      

      

     

     

     

    放デイ

    ◎クマの反転ジャンプ → 島渡り → ゆりかご前転

      

     

     

    今日も頑張りました。

    また元気にきてください。

     

    明日、こどもプラスは『ハロウィンイベント』です。

     

     

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月24日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-24

    戦後日本の障害者福祉を切り開いた第一人者として

    知られた糸賀一雄さんという方が著書に

    「この子らを世に光に」というものがあります。

     

    知的障害のある子ども達の福祉と教育に

    一生を捧げた彼のこの著書には

    これからの日本の教育にとても大切なことが

    書かれています。

     

    まず、この子ら「に」ではなく

    この子ら「を」の違いについてですが

    「に」になると

    この子らは、哀れみを求める「かわいそうな子」に

    なってしまいます。

    そうではなく、

    この子たちは、

    「謙虚な心情に支えられていて、どんなにあゆみが遅々としていても

    その存在そのものから世の中を明るくする光が出るのである。

    ………人間の本当の平等と自由とは、この光を光としてお互いに認め合うところに

    はじめて成り立つのである」と。

     

    少し難しい表現ではありますが

    障害のある子に関わっている私たちだからこそ

    この子たちの「光」を「世の光」にするべく

    わたしたちは努力しなければならないのでしょう。

     

    本日の運動あそびの様子です。

    午前中の様子のみで

    申し訳ありませんが

    是非、ご覧ください。

     

    AM児発

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月23日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-23

    動物とのふれあいと、こどもの発達との関係について

     

    アメリカのミズーリ大学の研究では、犬を飼っている家庭の

    自閉症スペクトラム障害をもつ子は、そうではない家庭より

    ソーシャルスキルが高いということがわかったそうです。

     

    犬に限らず、生き物と暮らすことは

    動物のペースに合わせなければならないことも出てきます。

     

    言葉を使わない動物の感情を「察する」

    動物にわかるように「伝える」という

    ことを、自然と日常の中で

    身につけていくことができます。

     

    実際に動物を飼うことができなくても、

    昆虫や、池の魚、公園のネコなど

    生き物に出会う場所は多くあります。

    そこで、生き物との触れ合いを通して

    「思いやり」の心を育んでいくことは

    充分可能です。

     

    動物や、虫と言葉を交わすことはできませんが

    命あるものとして、相手を思いやることで

    「自分」も「他人」も大切にしなければ

    ならないことを学んでいくことが出来ます。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM児発

     

     

    PM児発

     

     

    放デイ

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月22日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-22

     

    今日の運動あそびです。

     

    AM

    ◎合図でダッシュ → トランポリンジャンプ → とび箱手繰り寄せ

      

     

      

      

     

    PM

    ◎カメ → 跳び箱 → くまの反転ジャンプ

      

      

      

     

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • 10月19日 児童発達支援、放課後等デイサービス、初石、流山、柏、児童発達障害 運動療育 柳沢運動プログラム こども発達気になる 発達障害 放デ

    2019-10-19

    最近では、早いうちからこどもに

    スポーツの習い事をさせることが多いようです。

     

    決してわるいことではありませんが、

    注意したい側面もあります。

     

    プロのスポーツ選手や、オリンピック選手の中には

    小さいうちからその競技に特化した練習を行っています。

    しかし、このようになるのは、実にほんのわずかな人です。

     

    もちろん練習は大事ですが、個人の筋肉の質、体格、骨格

    適性なども大きく左右します。

     

    こどもの成長は(主に身長)思春期をピークに25歳まで続きます。

    早期に競技種目を決定してしまうと、自分の身体の適性と異なった種目を選んでしまうと

    いうこともあります。無理をすることで

    必要以上に、身体を痛めたり、怪我を繰り返すということにも

    繋がりかねません。

     

    何かの競技に固執するのではなく、

    幅広いスポーツに触れることが重要です。

     

    幼児期は、神経系の発達が著しいため、

    バランス能力、回転感覚、機敏性を重視した運動や

    あそびを繰り返すことで運動能力が向上します。

     

    おうちの方の腕で前回りの練習、肩車でぐるぐる回る、逆さま抱っこなどの

    遊びで神経系の発達を促してあげましょう。

     

    本日の運動あそびの様子です。

     

    AM

     

     

    PM

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号04-7136-1582 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • « Older Entries

    ▲page top